債務整理あおぞら司法書士事務所

ご依頼にあたり

よもや話
@過払い金がでる目安
A闇金という鬼門
B現在の消費者金融の状況


過払いに関して、過払い金がでる目安


 過払い金が出る目安としては、借入の状況によって異なってきます。

 基本的には、利息制限法上の金利以上の利息の支払いが5年以上返済を続けている場合には、既に、全額返済をしている場合や、多少借入残高が残っているような場合には、過払いとなることが多いです。

 まずは、どれくらいの金利を払い続けていたのかを把握しましょう。
 分からなければ、全部の取引履歴を、消費者金融から取り寄せることもできます。

 これに対して、現在では消費者金融は、個人情報について、借入主から請求されている場合には全部を公開する義務付けがなされておりますので、ご心配はいりません。

 特に気をつけるところは、金利が利息制限法の18%(金額により差がありますが)よりも高い金利を支払っていても、借入から返済までの期間が短かったり(1週間など)した場合には、利息が付きませんので、利息を引き直しても、それほど金額に差がなく、過払い金額も少ない金額しかでないことの方が多いでしょう。

また5年以内の借入があったとしても、利息制限法の制限金額を超えた金額を短期間に頻繁に行っている場合で、かつ返済するまでの期間が長い場合には、現在の金額より減額される額が高い場合もあり、過払いになることもあります。

このように債務整理するに当たり、利息を引き直したときに、減額となる金額の幅は借入状況のさまざまな要因に影響されます。


何社か借入があっても、すでに、払い終わっている消費者金融があるときは、債務整理をすることによって、過払い金額の全部又はその一部が返却されることとなり、その返済金額を他の借入金の返済に充てて、借金を消してしまうこともできます。

一度ご相談ください。

数社あった債務を整理した結果、200万円ほどあった負債が、引き直しと過払いにより、50万円手元に戻ってくるなどというケースもございます。

戻る

闇金という鬼門


現在は、消費者金融も総量規制のため、消費者に貸せずにいる。

また、金利も利息制限法の範囲でしか貸せないため、危ない橋を渡ろうとしない。

そのため、借りることができない人は、闇金という安易な借入先に、目先の問題から解放されるために借入ようとする。

闇金から借りたら最後、骨の髄までしゃぶられる。

たかが5万円を借りただけなのにもかかわらず、今まで返済をした額を見ると1年間で10万円を超えているということはざらにある。

どう見ても明らかに返済は終わっているはずだ。

 しかし、闇金は、それでも残債務があるといい、返済を迫ってくる。闇金から抜け出ることができない方が多い。

最近は、ソフト闇金として、少額を貸し付けることが多くなっている。

しかも、借りる側は主婦や水商売などのように、かならず返済が確実にできそうな層に限られてもいる。


逆に、闇金として貸す側も、一般の主婦や年金生活をしている老人の方が闇金融業者と一緒になって貸していることもあると聞いた。

戻る


現在の消費者金融の状況

 現在の消費者金融の現状としては、
 @消費者金融独立系の最大大手武富士が民事再生手続きの申請をしているように、消費者金融がバタバタと倒産し、消費者金融受難の時代となっている。

 理由は明らかだが、数兆円ともいえる過払いによる返還請求をされる可能性もあるほどの危険分子をはらんでいる。消費者金融で過去借りた方で過払い金の返金を受ける方がすべて、請求したら、当然会社はつぶれてしまうほどの額になっている。

そのあめ、消費者金融からの過払い金の交渉は熾烈を極めるものが多い。

某独立系の消費者金融では、過払い金に対する出し渋りの現象がある。

過払い金を払うことについて、交渉の段階で、半年後の返金とか、返金期間が短ければ短いほど、金額を少なくして、返済期限を長くなると、返済額を多くしている。

これには、理由があり、成るべく多く返してほしいと思う依頼人の側にとって、長期間の返済猶予は、成るべく多くの金額の返済が考えられる一方で、倒産等からその金額すらも返金を受けないリスクを負う。

 なかなか、お金を返してほしいと願う依頼人の心理を突いた交渉をしてくる。

 そんなことを突っぱねて裁判をしてしまえばいいと考える方もいるかもしれないが、金額が数百万円単位ならやる意義があるかもしれないが、

数万円、数十万円の単位でしか違わない場合には、裁判をするリスクもあり、なかなか強気に出ることもできない状態となる。

 最終的には、ご相談者様の判断で、どこまでのリスクを負うかという判断をしていただくことになる。

今後過払い請求はなかなか難しい局面を迎えてくる気がする。

ご相談ご連絡先
   0369089224
携帯 08033174580
Mail

戻る


Copyright© 2009 ○○ All Rights Reserved